中小企業診断士の制度の特徴

経営コンサルタントのエキスパートとして国から認められた国家資格、中小企業診断士。
この資格を所持していると企業が利益を上げていくために必要なコスト削減や売り上げを伸ばす方法などについて提案していくという業務を行うことが出来るようになります。
中小企業診断士は近年、人材不足によって試験の合格ハードルも下がってきていたりと、今最も注目するべき資格試験の一つであると言えるでしょう。

それでは、中小企業診断士の制度の特徴について、ここで軽くご紹介していきたいと思います。

中小企業診断士は、その資格を所持していなければ業務をすることはできない…といったような独占業務を持っている資格ではありません。
また、資格を所持していなければその名称を使用することはできないというような名称独占資格とも違います。
その上、企業に必ず有資格者がいなければならないというような、必置資格であるわけでもないようです。
一般的な国家資格にはそうした独占や必置などがありますが、中小企業診断士にはそうした性質がないのが一つの特徴です。
このように、中小企業診断士は、あくまで特定の条件に対して当てはまっていて業務を行う人を登録するための制度となっているのです。

中小企業診断士の制度の特徴について、お分かりいただけたでしょうか。

以上のように、中小企業診断士の資格は少々他の国家資格とは違った部分が見られますが、それでも有用性は十分にあります。
もしもの時の為に取得しておいて損のない資格であると言えるでしょう。

*このサイトは現在準備中です